これから結婚するふたりのための婚約指輪&結婚指輪の幸せな選び方

勇気を出して言ってみたら想像以上に〇〇だった

「婚約指輪が欲しいって気持ち、ずっと閉じ込めてない?」

 

自分から言うのって緊張する。
彼に負担かけたくないし。
でもやっぱり憧れの存在だったから、婚約指輪のことを思い切って彼に切り出してみた!

 

先輩花嫁にその当時の気持ちを聞いてみました。

 

先輩花嫁も勇気を出して伝えてました!想像以上の〇〇リアル体験記!!!

想像以上の安心感だったサプライズおねだり

小箱を赤中に1粒のダイヤのシンプルなリングが入っていて
理想のプロポーズのイメージが明確になったマイコさん。

 

ある日テレビで結婚特集が流れたとき

 

「私だったらサプライズで婚約指輪が欲しいなぁ」と宣言。

 

ずうずうしい?重かった?一瞬焦ったけれど、彼のユウキさんは

 

「そういうの憧れるんだね、今後の参考にします」

 

とあっさり。ユウキも好感触!

 

その年のクリスマスディナー中にそわそわしてるユウキさんを見て「もしかして」と予感が的中!

 

その後、家で念願の小さな箱を差し出され、喜びが一気に溢れた!!!

 

「私が望むシチュエーションを考えてくれたんだ」今も指を見るたび思い出します☆

 

指輪は、憧れの1粒ダイヤのソリティアアームが緩くカーブを描き、指がちょっと長く見える。
ちょっとリッチなディナーへ行く時に着けられるのが良いです♪

 

 

 

 

 

 

 

想像以上に幸せだった「もちろん」の暖かさ

一緒にドラマを見ながらふいに
「こんなプロポーズいいよね」
と口にしたゆいさん。

 

それまで触れたこともなかった話題だから行っちゃった後でドキドキ。
その返事は
「もちろん指輪買おうと思っていたよ」
ほっとしてすごくうれしくて。

 

その後、ゼクシィを見ながらどんなデザインがいいか、ふたりで話してる間にも胸がじんわり熱くなっていったのをはっきりと覚えています。

 

ある日、デート帰りにハヤトさんからディナーに誘われ、ついて行った先は憧れのチャペル!

 

プロポーズの言葉とともに、婚約指輪をはめてもらうあのドラマみたいな展開が自分に起こっているなんて、一生忘れられない感動を味わいました☆

 

指輪は、指がきれいに見えるV字型がお気に入り。
後日、同じ店で結婚指輪を購入した際
「ご主人婚約指輪も真剣に選ばれていました」
と聞き嬉しさ倍増しました!

想像以上に特別だったふたりで一緒に選ぶ時間

クリスマスムード高まる街中でキラキラ華やいだジュエリーショップが目に止まったなつきさん。

 

そうだ!と思い立って彼のコウヘイさんに伝えた。
「私、婚約指輪は自分でちゃんと選びたいんだ」
この先そんな高価なものを送られる事は無いはず。
だったら、ふたりが「いいじゃん」って思えるデザインを選びたい。

 

最初「そうなの?」と驚いたコウヘイさんも納得してくれました!
それから暇を見つけてはふたりでお店巡り。

 

ちょっぴり特別なデートが続いている感覚でデザインについて話し合う時間も楽しくて、最終的に選んだリングは当然なつきさんの好みにぴったり!
これから毎日つけたいし、ずっと大切にしたい。
ふたりが心からそう思える大切な宝物ができました☆

 

ふたりが選んだリングは、野原のモチーフが印象的なヴィンテージ感のあるゴールドリング。
自称「赤ちゃんみたいな手」のなつきさんの手をしなやかに見せてくれる!

 

 

想像以上に涙が出た 彼が叶えてくれた憧れ

あまり高価なお願いはできないとわかっていたけれど、ダイヤモンドの婚約指輪はやっぱり憧れる。
自分で相場やデザインを調べ、デートの時にさりげなくショップを通りかかったりして、彼の反応を見続けたアイさん。

 

念願のプロポーズを受けて幸せいっぱいの夜、今後の話の流れに乗って勇気を振り絞って聞いてみた。

 

「指輪欲しいって言ってもいいのかな?」

 

すると「予算内に収めてくれたらうれしいな」との返事!
自分の気持ちを知ってコツコツ準備してくれていたんだ。嬉し涙が止まりませんでした。
それまでのリサーチを踏まえ、結婚指輪後の3本セットで見事予算内をクリア。
想像以上に大きな愛の結晶が今アイさんの指に加えている☆

 

ふたりが選んだリングは、ブランドにはこだわらず予算内でダイヤの大きさを優先し、結婚指輪と重ね付けするといっそう華やかな存在が際立つもの。

先輩花嫁のリアルな気持ちが詰まった体験談いかがでしたか

婚約指輪が欲しいその気持ちに素直になれる花嫁さんが1人でも増えますように☆☆☆